自毛植毛のメリットと課題

subpage01

薄毛の悩みを解決する方法の代表的なものに植毛があり、人工植毛と自毛植毛に大別されます。人工植毛は合繊繊維でできた毛髪を薄くなった部分に植え付ける方法です。

手術時間が短く制限なく毛を増やせるメリットがありますが、拒絶反応が起きる場合があるほか、手術後もメンテナンスの手間や費用がかかるなどのデメリットも多く、現在はほとんど行われていません。

自毛植毛についてお答えします。

アメリカでは法律で禁止されています。
一方、自毛植毛は後頭部や側頭部などの自分の毛を頭皮ごと採取し、薄い部分に移植する方法です。



後頭部や側頭部の頭皮は男性ホルモンの影響を受けにくく、脱毛しにくい特徴があります。

その頭皮を薄毛が気になる部分に植え付け、うまく定着すれば抜け毛の悩みから解放してくれます。


自分の毛髪なので拒絶反応の心配もなく、安全な方法と言えそうです。


手術後のメンテナンスの必要もありません。
ただし、採取できる毛髪には限りがあり、移植後も髪の全体量は変わりませんので注意が必要です。
手術の費用は平均100万円ほどですが、料金や治療方法はクリニックによって異なりますので、まずは無料カウンセリングなどを利用して内容を十分に把握し、納得してから治療を受けることをおすすめします。

現在はiPS細胞による毛髪再生技術の研究が行われており、この技術が確立すれば、髪の毛のもとになる細胞を作り、薄毛の部分に移植すればどんどん髪の毛を増やすことができます。


まだまだ未知数ではありますが将来、薄毛の悩みのない社会が実現するかもしれません。



ためになる情報

subpage02

植毛とは、頭皮に直接毛を植え込んでいく増毛方法です。これには2つの種類があります。...

NEXT

納得の事実

subpage03

薄毛を隠すためにかつらという選択肢をする人も多くいますが、植毛という選択肢も存在します。植毛といっても人工毛を植え込むインプラントのようなものと、健全な毛包細胞を採取して移植するものの2種類があります。...

NEXT

医療についての考察

subpage04

薄毛で悩んでいる方はとても多いのですが、その対策法として、自分でもできる方法として育毛剤を使ったケアの方法がまずあげられます。ドラッグストアなどでも気軽に購入することができます。...

NEXT

最新考察

subpage04

毛髪に関するさまざまな悩みを持つ方に用いられている植毛には、どんな種類があるのでしょうか。大きく分類すると、二つの種類に分けることができます。...

NEXT