植毛ってどうなの? その効果は

subpage01

薄毛を隠すためにかつらという選択肢をする人も多くいますが、植毛という選択肢も存在します。

植毛といっても人工毛を植え込むインプラントのようなものと、健全な毛包細胞を採取して移植するものの2種類があります。
人工毛を植え込むタイプは確実な効果を得ることができますが、皮膚に人工物を植え込むという性質上、アレルギー反応を起こす場合があるなど、皮膚へのダメージが大きいため日本ではほとんど行われていません。

一方で日本で主流となっているのが健全な毛包細胞を採取して移植する自毛植毛です。



この場合には時間は掛かりますが現代の医療技術によって移植後の定着率が9割以上あり、このため確実に毛を生やすことが可能です。

一方で注意すべきポイントとしては、第一に移植用の毛包細胞を採取しなければいけないということで頭皮に大きな傷跡が残ることになります。



毛が多くある間は問題ありませんが老齢性の脱毛によって毛そのものが生えてこなくなると目立つことになります。



このため傷跡を見られたくない場合には帽子やかつらを被って誤魔化す必要があります。
ただ近年は目立たないように採取する方法もあります。

なお、植毛に掛かる費用は高額になりがちで最低でも50万円程度は必要です。
またクリニックによって行われる施術方法が変わってくるのでこれといった決定的な解決策ではないため、受けるさいには費用やリスクといった点を鑑みて、植毛をするかどうか選ぶ必要があります。