植毛の種類とそのメリット・デメリットについて

subpage01

植毛とは、頭皮に直接毛を植え込んでいく増毛方法です。
これには2つの種類があります。それは、植える毛の種類によるもので、一つは「人工毛植毛」で、もう一つは「自毛植毛」といいます。
人工毛植毛とは、ナイロンやポリエステルなどで作られた、いわゆる人の毛ではない人工の毛を使います。


この方法のメリットは、人工の毛なので植え込む量や毛の長さなどを自由に決めることができ、1回の施術でほぼ自分がイメージするとおりの髪型に仕上げることができるということです。

デメリットは、本物の人の毛ではないので、植え込む際に頭皮が異物ととらえてしまい、トラブルが起こる可能性があるということです。

頭皮も体の一部なので、人工毛を異物ととらえ、それを追い出そうとすることもあり、そのために植え込んでもだんだん抜けてきてしまうということも起こります。


もうひとつの方法の自毛植毛とは、自分自身の毛を薄くなっているところやつけたいところに移植していく方法です。



この方法のメリットは、自分自身の毛なので頭皮にトラブルが起こりにくく、髪の色や質などが既存のものとうまく組み合わさって、自然な仕上がりになるということです。

デメリットを挙げるなら、この方法で施術をすると、効果を実感するまでにかなり時間がかかるということでしょう。



人によって違いますが、だいたい10カ月から1年ほど待たなくてはいけないといわれています。
このように、人工毛、自毛どちらにもそれぞれメリットとデメリットがあるので、施術を希望する場合は、医師とよく相談して納得のいく方法をとることが大事です。